STORY
1.Hilo Homemade Ice Cream の始まり アメリカでは、デザートの消費量で一番多いのがアイスクリームです。老若男女問わず、皆とても好きで、日本とは比較にならないくらいよく食べます。1970年代のビックアイランド(ハワイ島)では、家族の最高の楽しみである「アイスクリーム」のほとんどが、メインランド(アメリカ本土)の製品でした。そんな中、自然とその産物に恵まれたこの島で、「美味しいホームメイドアイスクリームを作りたい」と、日系アメリカ人夫婦が自宅のバックヤードで細々と作り始めたのが、この Hilo Homemade Ice Cream の始まりです。 お店は持たず、主にレストランなどに卸していました。
STORY
2.ビッグレッドバーン ヒロの町から UH Hilo (ハワイ大学ヒロ校)の方へ上って行くと閑静な住宅街が広がり、それを更に上って行くと、標高が上がり家も数える程しかない農地帯となります。そんな中のAinaola Driveに、 「ビッグレッドバーン」と呼ばれる大きな赤い納屋がありました。その中には、アイスクリーム工房の他に、ウォークインフリーザーが2つ(なんと1つは事務所として使用!)と、皆で遊べる大きな卓球台、そしてハワイらしく、サーフボードを作る工房もありました。それでもまだスペースが余っているような、日本ではなかなか見かけない大きな納屋が、Hilo Homemade Ice Cream の2代目以降のオリジナル工房だったのです。
STORY
3.UJ & Fred この “ビックレッドバーン” を、最初に開拓したのが2代目のUJ Koyama & Fred Stoverです。 初代からHilo Homemade Ice Cream を引き継いだUJ は、その何かの倉庫であったと思われる “ビックレッドバーン” があった Ainaola Drive へ引っ越しました。そして、パートナー のFredと共に、その中をアイスクリーム工房に造り変えたのです。その後、5代目まではずっとこの工房で製造を続けることとなります。UJ は2代目として、1990年からの10年間、初代から受け継いだアイスクリームの味を伝え続けると同時に、さらに「自然の手作りのおいしさ」を求め、 改良も重ねていきました。
4.Keaukaha Store ヒロ唯一の溶岩のビーチが連なり、ネイティブハワイアンの聖地でもあるKeaukaha(ケオカハ)に、本店があります。これは、UJがオープンした初の直営店です。Keaukahaは、ヒロの町から車で10分程の所にもかかわらず、原生林が広がり、今もなおハワイアンにとって大切な場所であり続ける所です。この本店オープンにより、当初、レストラン等へ卸売りだけをしていたHilo Homemade Ice Cream が、少しずつ地元の人々に知られていきました。そして、アメリカ本土から入ってくるアイスクリームとは違い、この島でとれる恵みの産物を使い、丁寧に手作りにこだわって作られたHilo Homemadeのアイスクリームは、多くの地元の人々に愛されるようになります。
5.Miyo & Hondo ヒロでは有名なローカル日本食の老舗 Miyo's オーナーのMiyo Harumiが3代目として引き継ぎましたが、その後まもなく、Hondo Mizutaniが4代目となります。週に一度、レストランへの卸売りのため、一日かけてハワイ島全体に配達にまわることを始め、ヒロだけではなく、観光客の多いワイメアやコナでも味わってもらえるようになりました。こうして、地元の人々のみならず、アメリカ本土や他の国から訪れる観光客にも知られていくようになったのです。アメリカの観光ガイドには必ず紹介され、このアイスクリームを求めてきてくれるお客様も増えました。
6.Jin 1997年、Jin Nagaeは、偶然にヒロの海でHondoと出会います。そして、ハワイ大学ヒロ校に通う傍ら、手伝いでこのアイスクリーム製造に携わるようになります。一時オアフ島へ移住しましたが、Hondoと共同経営することとなり、ハワイ島へ戻ります。その後、Hondoがこの製造から身を引くのをきっかけに、5代目として本格的に受け継ぐこととなりました。たくさんの温かい地元の人々に支えられながら、長年受け継がれたものを守り続け、地元 Hilo はもとより、各地から訪れる旅行客にもこよなく愛されるアイスクリームに成長させました。しかし、2005年に帰国を決意し、2006年には日本で Hilo Homemade Ice Cream工房を立ち上げたのです。
STORY
7.Downtown Store HondoがJinと一緒にやり始めた頃に、ヒロのダウンタウンに2号店をオープンしました。小さかったのですが、レンガ造りが可愛らしく、Keaukaha本店とはまた違った雰囲気のお店で、ここだけのメニューとして、サンデーやバナナスプリットにアレンジしたものもあり人気がありました。そして、ダウンタウンという場所柄、地元の人々のみならず、ヒロに来るたくさんの観光客にも気軽に味わってもらうことができるようになり、日本からのお客様もよくいらしてくれました。残念ながら、このお店はJinが帰国を決意した際に、他のお店に変わり、現在Hilo Homemade Ice Creamは取り扱っておりません。
8.Tropical Dreams Jinが帰国を決意した後に、6代目として引き継いだのがTropical Dreamsオーナーの John Edneyです。Tropical Dreamsは、ハワイ島にあるもう一つのアイスクリームメーカーで、現在ハワイ島では、ここがHilo Homemade Ice Creamも作っていることになります。製造者は変わっても、初代より大切にしてきた原材料へのこだわりとホームメイドスタイルは今でもそのまま受け継がれています。日本で Hilo Homemade Ice Cream を立ち上げたJin とハワイ島のJohnは協力体制をとり、両方の場所で、長年受け継がれてきた伝統の味と手作りのやさしい味を作り続けています。 Tropical Dreamsのホームページへ
9.日本での始まり 日本に帰国したJinは、ヒロと同じように「海の近く」、そして「ホームメイドスタイル」でHilo Homemade Ice Creamを作りたいと、土地の雰囲気がどことなく似ている湘南・鵠沼海岸の裏路地にある小さなお店を改装し、工房を立ち上げました。卵を使用しないなどの基本は同じなのですが、日本では原材料の仕入れ先が異なり、お客様の好み・ニーズもまた違う為、さらに工夫を重ねております。代々受け継がれてきた大切なものを守りながらも、更なるおいしさを求め、ヒロの人々が愛し続けたHilo Homemade Ice Creamが日本の皆様にも末永く愛され続けるよう心から願い、この小さな工房でこだわりを持って手作りし続けております。工房直売ページへ
  • 特定商取引に基づく表記
  • お支払い方法について
  • 配送方法・送料について
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • 会社情報
  • サイトマップ